不健康な人が辿り着くのは、足が腐る人生である Part. 3
〜人生100年時代の主役は“皮膚と骨”である~

■血管の老化と自立度

血管の老化とは、「動脈硬化」のことです。「動脈硬化」により、血管の内腔の狭小化や弾力の低下が生じて、組織への血流が十分に行きわたらない為、栄養や免疫などの面で様々な障害が生じます。

図1の年次別死因順位をみても、「心疾患(2位)」や「脳血管疾患(3位)」など、血管の病変が上位を占めているのがわかると思います。

しかし、医学や公衆衛生、搬送システムの発展に伴い、心臓や脳血管にトラブルが生じても、救命できるようになってきました。そうして、平均寿命が延びてきたのですが、その結果、現代では新たな問題が生じてきました。

それが、「足の先から腐ってくる」現象です。

ただでさえ、足の先は血流が届きにくく、“冷え性”などの悩みも多いと思いですが、動脈硬化が進み血管が老化すると、さらに血液不足が深刻になります。

その結果、普通の人ではすぐに治る傷が、一向に治らず、逆に悪化して、足の先から腐ってくるのです。これらの現象を総じて、「足壊疽」と呼びます。専門用語では、「重症下肢虚血」と呼ばれています。

さらに、下肢の血行が悪くなると、安静時にも痛みが生じたり、治癒困難な皮膚潰瘍や感染症が進行したりします(図10)。

図10:閲覧注意!足が腐っていく経過の写真があります。


最終的には、患者の歩行は困難となり、日常生活のQOLを大きく低下させます。加えて、家族など、まわりの人々のQOLを大きく低下させることになるのです。

■足壊疽の治療は難しい

昔は「人生50年」の時代だったので、このような足壊疽に悩まされることはありませんでした。しかし近年、生活習慣病の拡大と平均寿命の延長による現代病として、きわめて悩ましい病気になっています。

というのも、足壊疽は単純に足だけの病気ではなく、身体の内側からくる全身の病気だからです。すなわち、ある一時点の病気ではなく、その健康状態に至る何十年もの歳月が、病気の根源になっています

その為、皮膚や傷の専門家だけでなく、循環器、腎臓内科、内分泌内科など、多方面からのサポートが必要なります。欧米では“足病医”として独立した専門医がいるほどです。

■人生100年時代は“皮膚と骨”が主役です

人類は、感染症(肺炎や結核など)を乗り越え、脳血管障害を乗り越え、悪性腫瘍(がん)に対しても様々な治療が開発され、平均寿命が伸びてきました。

そして現在、健康寿命を伸ばす為に、人類の新たな課題は、“健常な軟部組織と骨”にシフトしつつあります。“軟部組織”とは、皮膚・筋肉・脂肪などです。

70歳以降にどれだけ充実して自立した生活を送れるかは、それまでのどのような生活やヘルスケアをしてきたかに影響されます。そして、超高齢化社会のQ O Lの屋台骨は、「健常な皮膚と骨を持ち、自立して歩けること」だと言えます。

■Part. 3のまとめ

  • 不健康により血管が老化すると、足の先から腐ってきて、歩けなくなる(足壊疽)。
  • 足壊疽はある一時点の病気ではなく、その健康状態に至る何十年もの歳月が、病気の根源になっている。
  • 人生100年時代における人類の新たな課題は、“健常な皮膚と骨”の獲得である。

関連記事

  1. 男性の美容を真面目に考える③ 〜皮脂の働きと男女差〜

  2. 美容医療と保険医療の概念の違い

  3. 治りにくいキズを確実に治すための奥の手 Part.2〜補助療…

  4. 顔面骨の加齢性変化と顔の老化③~眼窩の加齢性変化と性差~

  5. 加齢に伴うコラーゲンの減少と皮膚の厚さに関する真面目な話

  6. 見えないところを補う脳の機能と刷り込まれた顔面の黄金比が、マ…

PAGE TOP